Menu

歯周病・予防歯科

Home

歯周病について

歯周病の原因は、口の中にいる歯周病菌が原因です。
歯周病菌の出した毒素により、歯茎や顎の骨に炎症を起こし、歯茎から血が出たり、歯がグラグラするなどの症状がでます。この細菌の量が多くなると、症状が顕著になります。

歯周病治療でかみ合わせ回復の総合的治療

術前

術後

予防歯科とは

今は虫歯を治すのではなく、「虫歯になりにくくするところ」「歯周病を進行させないところ」へと変貌してきているのです。
今までは歯が痛くなってから治療するものでしたが虫歯になってから歯を失ってからでは手遅れです。また歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。
そのため最近では歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきます。
虫歯になりにくくする為に定期検診などをおすすめします。